研究会や勉強会を「ピラミッド構造」にしないために | 医療特化型の研修・組織開発ならアクリート・ワークス

研究会や勉強会を「ピラミッド構造」にしないために

54d7e0349b857ebb7af0ae948259b4a7_s

 

 

一年ほど前から、私が参加している研究会があります。先日、そのメンバーと会の現状についてFacebook上でディスカッションする機会があり、メンバーの色々な思いを知ることができて有意義でした。

 

 

そして、自分自身にも気づきがありました。その研究会が好きな理由の一つは「ピラミッド構造」がないことなんだなあ、と。

 

 

医療系の研究会や勉強会も、時が経つにつれて「師匠」を頂点とした「ピラミッド」が出来ていくことも少なくないように思います。そして、「師匠」に対してはなかなか率直な意見が言いづらい雰囲気が出てくることもあるのではないでしょうか。

 

 

一方、この研究会では、メンバーが言いたいことを自由に言える雰囲気があります。主催者は驚くほど豊かな智慧を持っている人ですが、自分の考え方を押し付けることはありません。

 

 

会では色々な知見が紹介されますが、それは最終解ではなく、実験や対話を通じて新しい知恵が次々と産まれていきます。参加メンバー一人ひとりのアイディアに刺激されて、また誰かがアイディアを出すといった「化学反応」があるのです。

 

 

「権威」が苦手な私にとっては、余計な気を使うことなく、自分らしくいられる居心地が良い研究会の一つです。

 

 

この研究会を「ピラミッド構造」がない良い“学び合い”の場にしている要因はいくつもあると思いますが、研究会では「新参者(でもないか?)」の私が感じたのは、新しく参加する人への“眼差しの温かさ”です。

 

 

社会人類学者の中根千枝が、ベストセラーになった「タテ社会の人間関係」の中で、

 

 

「日本のどのような分野における社会集団においても、入団してからの年数というものが、その集団内における個人の位置・発言権・権力行使に大きく影響しているのがつねである」

 

 

と書いていましたが、他の研究会を見ているとたしかにそういう傾向を感じることはあります。

 

 

この会では、そういったことがありません。

 

 

研究会に新しく参加する人も、昔から参加している人と同じように歓迎される、遠慮することなく発言や質問ができる、何かの事情があって研究会から去ったとしても、また学びたいなと思ったときには何の気兼ねもなく参加できる・・・といった場ができています。

 

 

そして、それを大切に出来る一つの理由は、会のメンバー一人ひとりが、「ヒエラルキーのない場から産まれる創発的な学びの素晴らしさ」を肌感覚で知っているからかもしれないな、と思います。

 

 

守屋文貴

 

 

 

  • Facebookで
    シェア

  • Twitterで
    シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    記事が気に入ったら
    ブックマーク!

  • 記事が気に入ったら
    いいね!

  • アクリート・ワークスをフォーローする

運営者紹介
  • 守屋 文貴

    医師、株式会社アクリート・ワークス代表パートナー
    医療機関を対象としたマネジメントスキル研修を実施している。

私たちが目指すもの(動画)

私たちが目指すもの(動画)

なぜ起業したか?何を目指しているか?私たちの考え方や人となりを知っていただくための自己紹介動画です。

ブログ

ブログ

守屋が日々考えていること、医療機関ならではのお困りごとを解消するための視点、おすすめの書籍やツールなどを紹介しています。

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

「研修をしたいが、何からスタートすればよいか分からない」「組織課題について、まずは言語化したい」など、守屋が相談に乗ります。お気軽にご連絡ください。


アクリート・ワークスとは?
アクリート・ワークスは、病院やクリニック、調剤薬局、介護施設などに対して医療特化型研修を提供しています。新任管理職を対象とした管理職研修、研修医を対象とした新人研修、コーチングやファシリテーションなどのスキル別研修、医療チーム対象としたチームビルディング研修など・・・医療機関のニーズに合わせてカスタマイズして提供します。
また、アクリート・ワークスの強みは、組織開発にあります。継承・建替時の新体制確立の支援、採用の仕組みづくりと離職対策、幹部人材の育成、会議の運用方法の見直しなど医療機関の重要課題を解決していくプロセスを支援します。