済生会新潟第二病院 教育研修センター 籏康之様 | 医療特化型の研修・組織開発ならアクリート・ワークス

クライアントの声

済生会新潟第二病院 教育研修センター 籏康之様

受講者のアンケート結果は、当院史上最高の評価。ここまで、高い評価を得られるとは想像以上でした


守屋:本日はお忙しいところお時間を頂きありがとうございます。済生会新潟第二病院で非常に情熱的にそして戦略的に人材育成に取り組んでいる籏康之(はたやすゆき)さんにお話を伺いたいと思います。はじめに弊社についてはどこで知りましたか?

:はい。全国済生会グループにおける階層別研修において、守屋さんとお会いしたことがきっかけです。守屋さんが医療機関に勤務する現役医師でありながら、病院組織に対して問題意識を有し、人材育成支援をしていることが、とてもユニークだなと感じました。そこでの研修内容はとても素晴らしいものであり、いつの日か、当院の人材育成についてご相談できれば良いなあ、と淡い夢を描いたことを覚えています。

守屋:お問合せを頂く前に直面していた悩みは具体的にどんなことですか?

:近年、多くの病院組織において「多職種連携の促進」は重要課題の一つだと思われますが、当院でも同様の状況でした。当時、当院では多職種が共に学ぶ場がほとんど存在しない状況でしたので、「各職位における自らの役割認識」・「多職種間の対話による相互理解」を促進するような階層別研修を展開したいと考えていました。

守屋:ありがとうございます。アクリート・ワークスの研修を導入しようと決めたきっかけや理由を教えていただけますか?

:前述のとおり、守屋さんの研修パフォーマンスを拝見しておりましたので、研修の質の部分について不安はなく、アクリート・ワークス様による研修を実施できるような組織体制をいかにして整えるか、ということが課題でした。守屋さんとお会いしてから数年後でしょうか…、当院において組織内の様々な学習活動を一元管理することを目的とした「教育研修センター」という部署が立ちあがったことを契機に守屋さんに相談した次第です。

守屋:医療機関では外部講師を招いたマネジメントスキル研修はまだまだ少ないと考えています。済生会新潟第二病院ではこれまでにも外部から講師を招いたセミナーを行ったことはありましたか?それと比較するとアクリート・ワークスの特徴はどんなことだと思いますか?

:これまでも、いくつかの大手研修ベンダーの方からセミナーを提供していただくことがありましたが、受講者の評価はあまり芳しくありませんでした。人材開発担当者の私からみて、セミナー内容が妥当かつ良質だったとしても、研修評価が低い状況を前にしますと、一般的なセミナープログラムを病院組織に持ち込むことは難しいのかな、と悩みました。そのような観点から、アクリート・ワークス様は、病院組織に精通したコンサルタントの方によってコンテンツ提供しているところが圧倒的な強みであると思います。

守屋:研修実施前、なにか不安なことはありましたか?それは解消しましたか?

:守屋さんの研修パフォーマンスは既に拝見していたので、「大丈夫だろう」というポジティブな思いはありました。ただ、実際にやってみないと分からない部分もありますので、受講者の反応がいかなるものか、不安でしたね。

守屋:不安だった面もあったとのことですが、セミナー実施直後、具体的に、スタッフから聞かれた感想などがあれば、いくつか教えてください。

:受講者のアンケート結果は、当院史上最高の評価でした。ここまで、高い評価を得られるとは想像以上でした。
スタッフからの具体的な声としては、
「今までの自分から一歩踏み出す勇気を得られた」
「研修で共に学んだメンバーと一緒に頑張っていこうと思った」
「他の人もどんどん受講し、みんなが共有すると良いと感じる学びだった」
「今まで、このような研修に対して否定的であったが、受けてみたら良い学びができた」
など、ほとんどが肯定的な内容でした。

DSCN2348

守屋:それは、私としても非常にうれしい反応ですね。アクリート・ワークスが「医療機関に特化している」「講師が医療従事者である」ことで感じたメリットはありましたか?

:守屋さんの発する言葉一つひとつに説得力があるようで、受講者の研修に対するコミットメントが高いように感じました。実際に医療機関で勤務され、悩み、考え、実践されていく中で導き出された守屋さんの言葉は、全ての医療従事者に響くのだと思います。

守屋:セミナーを実施してみて、その効果、もしくは、現場で気が付くことができた変化などがあれば教えてください。

:当院では平成26・27年度に中堅職員研修(初級役職者研修)を実施しています。先述のとおり、受講者からの評価は高く、今後も定番の研修として続いていくと思います。また、受講者に対するフォローアップ研修も随時実施していますので、受講者間の絆は深まり、日常的なシチュエーションにおける円滑な多職種連携が実現できていると感じます。

守屋:すでに触れたように医療機関の多くは、研修を内製しているところが多いと思います。そうした病院に、外部からセミナー講師を招くメリットを伝えるとしたら、どんなふうに語りますか?

:外部からセミナー講師を招く上での醍醐味は、組織内部者と外部セミナー講師の方が対等な立ち位置で協働し、研修の企画・運営を展開していくことにあると思っています。自組織の風土を知る「内部者」と専門的知見に長ける「外部者」のコラボレーションによって、その組織にマッチしたコンテンツ開発が可能となり、ひいては人材育成活動の妥当性を高めていけるのではないでしょうか。

守屋:今日は有難うございました。済生会新潟第二病院のお手伝いができて光栄に思います。もしよろしければ最後に一緒に仕事をしてみて、アクリート・ワークスのイメージを教えてください。

:研修の企画・運営プロセスを通じて、「医療機関に特化している」「講師が医療従事者である」という強みを存分に感じることができました。アクリート・ワークス様とおつきあいさせていただいてから数年が経ちますが、業務を拡大するといった方向性はとらず、今でも守屋さんと大曽根さんのお二人で、誠実に各クライアント様とおつきあいされているように思います。
また、守屋さんは、クライアントの声に真摯に向き合いながら、クライアント自身をエンパワメント(力づけ)して下さる方だと感じています。守屋さんとの対話を通じて自分の思考がクリアになり、次の方向性が見えてくる、という経験は少なくありません。人材育成に関して豊富な知見を有していらっしゃるにもかかわらず、まずは、クライアントの思いに向き合うことを大切にされています。当院人材育成における「ベストパートナー」です。

守屋:今日はお忙しい中本当にありがとうございました。インタビューを通じて、見えてきたものもたくさんありました。これからも、全力でサポートしていきたいと思っております。

★籏康之氏
社会福祉法人恩賜財団済生会新潟第二病院教育研修センター係長。1997年入職。総務課、人事課での勤務を経て2014年より現職に至る。

私たちが目指すもの(動画)

私たちが目指すもの(動画)

なぜ起業したか?何を目指しているか?私たちの考え方や人となりを知っていただくための自己紹介動画です。

ブログ

ブログ

守屋が日々考えていること、医療機関ならではのお困りごとを解消するための視点、おすすめの書籍やツールなどを紹介しています。

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

「研修をしたいが、何からスタートすればよいか分からない」「組織課題について、まずは言語化したい」など、守屋が相談に乗ります。お気軽にご連絡ください。


アクリート・ワークスとは?
アクリート・ワークスは、病院やクリニック、調剤薬局、介護施設などに対して医療特化型研修を提供しています。新任管理職を対象とした管理職研修、研修医を対象とした新人研修、コーチングやファシリテーションなどのスキル別研修、医療チーム対象としたチームビルディング研修など・・・医療機関のニーズに合わせてカスタマイズして提供します。
また、アクリート・ワークスの強みは、組織開発にあります。継承・建替時の新体制確立の支援、採用の仕組みづくりと離職対策、幹部人材の育成、会議の運用方法の見直しなど医療機関の重要課題を解決していくプロセスを支援します。