チーム医療 | 医療特化型の研修・組織開発ならアクリート・ワークス

カテゴリー:チーム医療

トランジション

「意見の対立」を「チャンス」に変えるコツ

チームにおける「意見の対立」には、人間関係にヒビが入る「ピンチ」という側面もありますが、チームに学習や創造をもたらす「チャンス」という側面もあります。     「意見の対立」がきっかけとなって、お互いのことをより深く理解したり、長期的な視点で現状を見つめ直したり...

権威勾配1

話し合いにおける「権威勾配」の影響を弱めるための3つのポイント

    「権威勾配」の存在に悩みを抱える医療従事者は少なくありません。     権威勾配がキツければ、メンバーどうしの双方向のコミュニケーションが阻害され、上位者の「顔色を窺う」ような話し合いになりがちです。 &nb...

26bef0693e298d8aedaebf5332403aa9_s

行動につながりやすい目標設定のしかたとは?~How do you eat an elephant?~  

    How do you eat an elephant? (どうやってこんなに大きな象を食べればいいの?)   One bite at a time. (一口ずつだよ。)     こ...

ブログtitlephoto作成用 (1)

チーム医療とコンフリクトマネジメント

    チームがコンフリクトにどのように対処しているかを知ることは、チームの状態を捉えるための重要な「手がかり」になります。 今日は、チームの成熟過程におけるコンフリクトマネジメントの位置づけを整理していきたいと思います。   &n...

ブログtitlephoto作成用 (1)

意見の対立は悪いもの?怖いもの?「コンフリクトの効用」について

      管理職の方を対象にコンフリクトマネジメント研修をしていると、「コンフリクトが怖い」と口にする人は少なくありません。さらに、「それを避けるためにはどうすればよいか」と悩んでいる方も多い印象です。     し...

otoshiana

「みんなで話し合うこと」の3つの落とし穴とは?~病院の会議で起こりがちなこと~

  「みんなで話し合うこと」には多くのメリットがあります。     多職種でワークショップを行えば、参加者どうしのタテヨココナナメの関係性も深まりますし、モチベーションも上がります。思ってもみないようなアイディアが創発されることも魅力です...

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0titlephoto%e4%bd%9c%e6%88%90%e7%94%a8-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

チーム医療ではなぜ「T字型」プロフェッショナルが求められるのか?

  「I字型」プロフェッショナルと「T字型」プロフェッショナルという言葉があります。         「I字型」は、上図のように自分の専門領域を深く掘り下げていくプロフェッショナルです。専門家であれ...

blog_21

チームビルディングのための「ルールづくり」3つのポイント

チーム活動において、メンバーの「自律性」を高めるためには「ルール」が不可欠です。 上司の指示命令の割合を減らし、メンバーが自分自身で判断して動くためにはその軸となる“指針”が必要だからです。     では、“良いルール”とはどのようなものであるべき...

運営者紹介
  • 守屋 文貴

    医師、株式会社アクリート・ワークス代表パートナー
    医療機関を対象としたマネジメントスキル研修を実施している。

私たちが目指すもの(動画)

私たちが目指すもの(動画)

なぜ起業したか?何を目指しているか?私たちの考え方や人となりを知っていただくための自己紹介動画です。

ブログ

ブログ

守屋が日々考えていること、医療機関ならではのお困りごとを解消するための視点、おすすめの書籍やツールなどを紹介しています。

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

研修、コンサルティングのご相談はこちらから

「研修をしたいが、何からスタートすればよいか分からない」「組織課題について、まずは言語化したい」など、守屋が相談に乗ります。お気軽にご連絡ください。


アクリート・ワークスとは?
アクリート・ワークスは、病院やクリニック、調剤薬局、介護施設などに対して医療特化型研修を提供しています。新任管理職を対象とした管理職研修、研修医を対象とした新人研修、コーチングやファシリテーションなどのスキル別研修、医療チーム対象としたチームビルディング研修など・・・医療機関のニーズに合わせてカスタマイズして提供します。
また、アクリート・ワークスの強みは、組織開発にあります。継承・建替時の新体制確立の支援、採用の仕組みづくりと離職対策、幹部人材の育成、会議の運用方法の見直しなど医療機関の重要課題を解決していくプロセスを支援します。